Archives 11月 2020

目的を決めることが大切

エアロバイクを選ぶときには、目的を決めることが大切です。ただ何となくエアロバイクを買う方はいないと思いますが、その目的に合わせて形状や負荷方式を選び、自分に合ったサイズを選びます。
最後に付属している機能を選ぶことで失敗が少なくなります。ついつい機能を優先してしまいがちですが、実は最初に目的に合わせなければいけないのは形状なのです。
後述させていただきますが、形状の種類は少ないもののはっきりと違いがあります。この形状選びを間違えると目的の効果を得ることが出来なくなってしまいます。
その次の負荷方式も大切です。これにより運動強度や静音性が全く変わります。形状で搭載される負荷方式は大体決まりますが、選択肢があるものは価格も変わってくるので、予算との兼ね合いも出てきます。
あとは自分に合ったサイズのものを選ぶことで、無理なく運動をすることが出来るようになります。
機能面は脈拍センサーや消費カロリーの表示など様々な物がありますが、最悪無かったとしても他のもので補う方法もあるので、こちらの選択は優先度が低くなります。

これだけは抑えたいエアロバイク選びの3つのポイント

ダイエットや筋トレを始めたいけど時間がなくてスポーツジムには通えない人は多いのではないでしょうか。
そんな時に役に立つアイテムが自宅で気軽にトレーニングが出来るエアロバイクです。
ここでは初めてエアロバイクを購入する人が後悔しない選び方のポイントを3つ紹介していきます。

【自分に合うタイプを知る】
エアロバイクには様々なタイプのものがありますが、一般的に初心者の方が頭に思い浮かべるのは自転車に近い形状の『アップライト型』ではないでしょうか。
こちらのタイプは比較的、負担が軽いものが多くダイエットや運動不足の解消を目的としている人にオススメです。筋トレやトレーニングを本格的にしたいと考えている人には、前傾姿勢で漕ぐタイプで高い負担が掛かる『スピンバイク型』が良いでしょう。

【設置場所を先に考える】
ショップで良いなと思い購入してみたは良いが、意外と置き場所に困ってしまうケースがよくあるようです。
設置場所の広さとエアロバイクのサイズのバランスを考えて選びましょう。
持ち運びが簡単で場所を取らないペダルだけの『ミニバイク』は場所を確保しにくい集合住宅の方に人気です。

【機能と価格のバランス意識する】
エアロバイクには多種多様な機能が付いているものもあれば、距離やスピードなどの最低限の機能しかないものもあります。
初心者の方は多くの機能があるエアロバイクを選びがちな傾向にありますが、実際には全ての機能を使いこなせない場合がほとんどです。
せっかく高い買い物をしても宝の持ち腐れになっては勿体ないので、自分にとって必要最低限の機能が付いているエアロバイクを選びましょう。

エアロバイクは種類があるので使用目的をまずは決めておこう

自宅でそれなりに運動をすることができるエアロバイクとなっていますが、運動不足を解消するために使っている方もいれば、体力をつけたり筋力アップのためにトレーニングマシンとして導入している方もいたりします。

このエアロバイクとなっていますが、複数のメーカーが出していたりするので、ピンからキリまであったりするため、失敗しない選び方のコツとかを知っておいたほうが良いのであります。

エアロバイクを選ぶ時は利用する目的を明確にしておくことが大事となっていて、設置できるスペースの広さとか設置場所の環境とかも含めてであります。
エアロバイクには種類があり名が知られているものとしてはアップライトタイプ、スピンバイク、クロストレーナー、ミニサイクルなどになっていて、他にも複数あります。
各種類によって異なる機能とか性能の部分もあるため、知識を覚えておき、目的にあったものを導入するのが一番無難となっているのであります。

各種類によって負荷方式とかも変わってきますし、先程も話した機能とかも変わりが出てくるので、こういった部分も細かく調べつつ、エアロバイクを使う目的によって形状を決め、サイズを決めていくのが良いのであります。

失敗しない!エアロバイクの選び方

エアロバイク選びで、失敗をしないために気を付けるべく重要なポイントは3つになります。まず、一つ目は置き場所が重要なポイントで、どんなに優れたエアロバイクでも自宅に設置することが出来ないくらい大きなものや場所を取る物というのは、エアロバイク自体が優れていても自宅内で自由に使うことが出来ないが故運動を十分にすることが出来ず失敗をしたとみなします。2つ目に重要なポイントは騒音で、エアロバイクは仕組み上、負荷をかけることで運動時においてエネルギーを消費する量が御増やすという性質上、どうしても負荷を書ける際騒音が発生します。騒音が発生しますと近隣の方に対して迷惑になる為音が出にくいえアロバイクを選ぶのが失敗しないバイク選びになるのです。そして最後のポイントはメンテナンス性です。多くのエアロバイクはメンテナンスをすることで寿命を延ばすことが出来るものが多いのですが、中には高額でありながらもメンテナンスを必要としない物もあります。そうした製品は損傷した場合において部品を交換、または買い替えという手法で対応するため、メンテナンス性は悪く長寿命という設計ではないのです。もちろん安価なエアロバイクにおいても同様にメンテナンス性が悪く長寿命ではない物があり、要はメンテナンスをして寿命を延ばすことが出来るエアロバイクは望ましいエアロバイクで、後々購入後に、メンテナンスが出来ないことによる部品の摩耗の故障などで失敗する心配がないということになります。