失敗しないエアロバイクの選び方

エアロバイクは家の中でもしっかりと運動する事が出来るので、とても便利です。しかし、しっかりとあなたに合ったエアロバイクを購入しないと時間が経過するごとに使用しなくなったり、使いづらくなったりすることでしょう。

1番大事なことは目的に合うということです。最近では心拍数を計測出来るエアロバイクなどと様々な高機能が装備されているエアロバイクもありますが、まずは機能性よりも目的です。あなたがどの目的でエアロバイクを使用するのか。人によってはダイエット目的の人もいますし、体力向上などと高強度のトレーニングをエアロバイクに求める人もいるでしょう。

このようにどのような理由や目的でエアロバイクを使用するのか一度考えみてください。目的がはっきりすれば、それに合う機能や形状のエアロバイクを探すことをオススメします。エアロバイク1つとっても形状が全く異なりますし、サイズや負荷の加え方も変わってきます。正直、脈拍などの機能は無くても問題が発生するわけではありません。

なので、まずは目的を明確にそれから形状やサイズ、機能性の順番に選ぶことが必要です。

3つのタイプから選んでみよう

失敗しないエアロバイクの選び方は、トレーニング目的ではありますが、初心者向けから上級者向けまでがあるので、マシンを利用した経験から選ぶようにしましょう。大まかに、アップライト・リカンベント・スピンバイクの種類がありますが、特徴も異なりますし、乗り心地が異なりますから把握した上で選んだほうが失敗しませんし、試乗できるならば、乗り心地を確かめたり、機能性、使い勝手なども確認しましょう。

自転車に乗る感覚のアップライトを個人的にも利用していますが、スポーツジムで導入されるポピュラーなタイプですから、万人向けとされていますし、初心者向けになります。負荷も無かったり、軽めですから、ハードトレーニングには適していません。

ハードならば、先にあげたスピンバイクを選びましょう。また、リカンベントは安定感もあり、リハビリテーション科でも使われていて、膝や腰に負担をかけにくい特徴もあります。背もたれ付きで寄りかかれるので、ムリなく持久力・心肺機能向上が図れます。

エアロバイクは目的を考えて形状を選ぼう

エアロバイクを選ぶときは、どの形状(タイプ)にするかをまず考えましょう。運動の目的によって、最適なタイプが変わってきます。

ダイエットや運動不足解消を目的としているなら、もっとも一般的なアップライトタイプのものがおすすめです。
普通の自転車のように上体を起こした状態で乗るこのタイプは、運動不足解消からトレーニングまで幅広い用途で使えます。ただ、価格にもよりますが負荷はそれほど大きくなく、本格的なトレーニングをしたい方にはやや物足りないかもしれません。

本格的なトレーニング目的なら、負荷の強いスピンバイクタイプが適しています。
前傾姿勢で乗るように設計されており、前部か後部に大きな負荷を生み出すフライホイールが取り付けられているのが特徴です。自転車競技選手など高強度の運動をしたい人向けのエアロバイクと言えます。逆に、高齢者や運動慣れしていない方には不向きです。
今スピンバイクで最も人気があるのはフィットボックスです。フィットボックス口コミ

主に使用する方が高齢者の場合は、リカンベントタイプがおすすめです。
「リカンベント=もたれかかる」という意味の通り、背もたれ付きのシートに腰かけて乗るようになっています。そのため、楽な姿勢で安全に運動ができるので、高齢者や腰痛持ちの方、リハビリを目的にしている方にも向いています。ただ、大型のため購入の前に設置スペースを考えておく必要があります。

エアロバイクは毎日使うという覚悟を持って購入しましょう

エアロバイクは健康によくて、とても人気があります。
エアロバイクを購入する時に気をつけた方がいいことをあげていきたいです。
まず、自分の部屋にエアロバイクを置くスペースが必要です。
必ず、エアロバイクの大きさ(寸法)を確認しておきましょう。
そして、いろいろなエアロバイクが売っている中、エアロバイクを置いた時に、部屋の景観を失わないかに気をつけたいです。
エアロバイクの機能も購入する重要な要素です。
様々な機能のついたエアロバイクは価格も高くなります。
しかし、その分、納得のいくエアロバイクが購入できるメリットもあります。
まず、予算を決めておくのは大切です。また、口コミなどを参照しておくのも非常に重要です。
個人的におすすめなのは、
予算内で選ぶことによって、選択肢がおのずと決まります。
エアロバイクのレビューも大事です。
レビューに自分が気にしていることが書いてあるかもしれません。
そして、エアロバイクを購入して、一番駄目なことは、使わないことです。
毎日、10分間でもいいから、必ずエアロバイクに乗るという覚悟を持って購入することをお勧めします。

ハイガーHG-QB-J917B

ハイガーのHG-QB-J917Bは、軽量であることと折りたたみ式であることが特徴です。
軽くて折りたたみができるので、使わないときはコンパクトに収納できます。
また静音性も特徴の一つですから、アパートやマンションでも安心して使えます。
さらに心拍数を計測できる液晶メーターが付属していたり、4種類のカラーが用意されているのも特徴です。
体の状態を確かめつつ使えたり、お気に入りのカラーを選べるのもメリットでしょう。

BTMMS036532

BTMが持つ特徴の1つは自由自在に形が変えられる様子ですが、どのような形であっても見やすいデジタルメーターが搭載されている点が2つ目の特徴です。
また、3つ目としては運動時に感じられる負荷が10段階で細やかに調整できる点が挙げられ、4つ目の遠く帳の大きな背もたれと座面により負荷が大きくても安定感が継続します。
しかも、使用後は5つ目の特徴によりBTMをコンパクトに収納できる上に移動も容易で、誰もが気軽に出し入れできます。

STEADYST102

STEADYST102の特徴は、折り畳み式のフィットネスバイクであることです。小型の心拍数計測が付いています。また静音のマグネット式ベルトも付いています。さらに負荷8段階のエアロバイクです。最後に電源が不要です。STEADYはこれらの特徴のあるスピンバイクであり、室内で有酸素運動の自転車トレーニングになります。ジムに行く必要がなく、家族全員で使用出来ます。静音性へのこだわりや使いやすさへのこだわりも感じられます。

ハイガー|HG-YX-5006A

ハイガーのHG-YX-5006Aには、様々な特徴があります。負荷設定ダイヤルを回すだけで負荷を簡単に変更できるため、家族全員で使用することが可能です。また、耐荷重100kgなので安全性が高いですし、シンプルで見やすいエクササイズセンサも魅力です。カスタマイズも可能であるため、慣れてきたら自分の好きなように変えてみることをおすすめします。ポジションも細かく設定できます。適切なポジションでトレーニングをすることで、効果が高まるだけでなく、ケガの予防にもなります。

RIORESFITNESS BIKE X2

RIORESFITNESS BIKE X2にはユーザーに嬉しい5つの特徴があります。最初の利点は握りやすいブルホーンバー型ハンドルを採用している点で自然と前傾姿勢になれ、ホールド感が良いので長時間でも安心です。2つめの利点は走行距離やカロリー等が計測ができる多機能パネルが搭載されている点です。3つめの利点は足裏にフィットするペダルが採用されているため、快適に筋トレに打ち込めます。

4つめの利点は折りたためるコンパクト設計なところで、リビングや自室に無理なく片付けられます。安定性に長けた幅広サドルが用意されており、高さも細かく7段階に分けて調整できるので老若男女問わず使える点が5つめの利点です。

FITBOX LITEFITBOX LITE

FITBOX LITEは、インテリアとして飾ることもできるようにデザインが考えられ、シールによって雰囲気を変えられます。そして負荷はマグネットによって与えらえる仕組みなので、摩擦による音が発生しません。また連続で90分という、長時間のトレーニングにも使用可能です。さらに摩擦で部品が消耗することがないので、寿命が長いのも特徴です。その上標準でタブレットを設置できるスタンドが付属するため、退屈さを紛らわせることができます。

BTMMS193520

BTMMS193520は、8段階の負荷調整が可能ですが、数字表示で分かり易く調整しやすいメリットがあります。次に、幅が広いサドルも特徴のひとつで、横幅が広くゆったりと座ることが出来ます。またサドル調整が5段階まで出来るようになっていることで、女性から男性まで幅広い方々が使うことが出来るようになっていることも魅力点だと言えるでしょう。さらに、静音性マグネットを採用しており、漕いでいる時の音や振動がほとんどないので、夜でも安心して使用出来ます。その他、ロックピンが付いていて収納時に折り畳んでピンで固定可能である点も大きなメリットのひとつです。

BTMMS038493

BTMMS038493のメリット5選です。
フィットネスバイクの前面にデスクを設置し、運動時にタブレットなどを見ることが出来ます。
丈夫なマシンなので1年間の保証が付いて、安心して使用できるのです。
無段階負荷調整なので、自分の運動強度の好みを設定可能です。
耐荷重100KGなので、体形の大きな人にも利用できます。
背もたれ付きなので腰を痛める心配が少ないです。
BTMMS038493は長時間の室内運動に最適なマシンです。

BARWINGBW-SPN02

BARWINGは漕ぐ際にマグネットによる負荷がかかるので、漕ぐ度に適度な重さを感じる事ができます。さらに牛革仕様の摩擦パッドが常に接触しているので、さらにトレーニング効果が上がります。摩擦パッドは、ブレーキをかける際も安定感を発揮してくれるので安心です。フルカバーなので、故障に強く子供やペットなどが事故に遭う危険性が低くなります。サドルとハンドルは高さの調節が可能で、最適なポジションでエクササイズできます。サドルは長時間の使用にも疲れない高弾力サドル仕様です。タブレットホルダーで、楽しみながら漕ぐ事ができます。天気に関係なく出来るのは、大きなメリットです。

BTMMS196700

BTMのMS196700は、七段階の高さ調節機能が特徴の1つでメリットでもあります。
また女性でも1人で楽に移動できるほど重量が軽く、折りたたんでコンパクトに収納できるのも魅力です。
背もたれ付きなので安定した姿勢で体を預けられますし、厚みがあってお尻が痛くなりにくい、高品質な座面も見逃せないポイントです。
多機能デジタルモニターには心拍数の測定機能などの特徴が備わるので、快適かつ本格的にフィットネスに取り組むことができます。

ハイガーHG-YX-5001VER2

ハイガーHG-YX-5001VER2は稼働させる時の音が少なめに設定されています。そして摩擦調節式によって、強い負荷で本格的なトレーニングが可能です。使用している間は走行スピードや距離など細かな部分がインジケータによってわかります。またサドルの高さとハンドルの向きを大きな範囲で調整できるので、幅広い人に対応させたり、色々なスタイルで使うことができます。基本的に屋内で使用するものなので、天候など外の環境に左右されないのがメリットです。

RIORES fit-bike-x2

RIORESのフィットネスバイクが今大注目です。RIORESの商品は、5つの特徴があります。まず、走行距離や消費カロリーなど6項目の計測が可能で、握りやすく、自然と前傾姿勢になるブルホーンバー型ハンドルを用いています。また、8段階の負荷調節機能があるので自由に調節可能です。バイクを漕ぐ上で大事な乗り心地ですが、安定感のある幅広サドルと高さが7段階調節できるのでストレスなく利用できます。ペダルには滑りにくい加工とベルトが付いているので足裏にフィットします。折りたたみも出来て組み立ても簡単なので自宅に置いていても邪魔にならないところも魅力的です。おうち時間が増えた今、楽しく快適に過ごせます。

BARWINGBW-SPN01

新型コロナの影響でおうち時間が増加している中で、運動不足の解消として様々な健康グッズが人気になっていますが、本格的な健康器具としてBARWINGが注目されています。特に人気になっているBARWINGBW-SPN01は5つもの特徴とメリットがあり、まず全世界で38万台と言う販売実績があるので信頼感が高いです。他には無段階で摩擦負担を調整出来たり、サドルの高さも35通りプラスアルファとどんな体型の方でもトレーニング出来ます。また、心拍数計測機能が付いていますしパネルも大きいだけでなく、圧倒的な静音設計なので近所迷惑にもならないなどメリットは多いです。

RAJAspinbike-001setの5つの特徴

RAJAの5つの特徴を挙げると、まず走行時の負荷を調整することができる摩擦調整式が採用されていることです。かなり強めの負荷でも大丈夫です。次にベルト駆動の静音設計なので時間を気にせず使用することができます。また握りやすい心拍計付きのカウホーンハンドルを搭載しています。速度・走行時間・走行距離・カロリーなども表示されます。さらに細かい調整により自分であった様々な姿勢でトレーニングを行うことが可能です。

IGNIOIG-FB002LX YG

IGNIOIG-FB002LX YGは5つのメリットがあります。
見やすいデジタルパネルを採用した、負荷レベルの調整です。
自宅でも迷惑にならない静音設計だから、夜間や早朝の運動も可能になります。
各部を折りたたみ省スペースの収納です。
サドルなど可動部が多く、体形にフィットした使用感が出来ます。
高品質なサドルとハンドルのため、ストレスフリーな姿勢を長時間維持出来るのです。
IGNIOIG-FB002LX YGは自宅において使えるフィットネスバイクです。

ビクスYS-S02

ビクスYS-S02の5つの特徴があります。
多機能デジタルメーターが内蔵されているために、運動強度を自由に変化させることが出来ます。
体形に合わせやすいように各部に調節機能が付いており、背の低い人から高い人までフィットします。
夜間でも音の出にくい静音設計なので、自宅に居ながら有酸素運動を楽しむことが出来るのです。
移動用キャスターによって、出してくるのも仕舞うのも自由になります。
各部が折りたためるのでコンパクトに置いておけます。

ALINCOAFB7218

ALINCOAFB7218には独自の特徴やそれに伴うメリットがあります。そのひとつがドリンクホルダーが付いていることで、運動中も簡単に水分補給をすることが可能です。また、メーター下部にタブレットトレーが配置されていたり、体に負担の掛らない掛からないポジションに調節出来る利点のある、サドルやハンドル角度調節が出来ることも特徴に挙げることが出来ます。さらに、足の踏み外しを防ぐペダルベルトが取り付けられていたり、移動付きキャスターが付いていて年配の方や女性でも簡単に移動することが出来るメリットもあります。