エアロバイクは家の中でもしっかりと運動する事が出来るので、とても便利です。しかし、しっかりとあなたに合ったエアロバイクを購入しないと時間が経過するごとに使用しなくなったり、使いづらくなったりすることでしょう。1番大事なことは目的に合うということです。最近では心拍数を計測出来るエアロバイクなどと様々な高機能が装備されているエアロバイクもありますが、まずは機能性よりも目的です。あなたがどの目的でエアロバイクを使用するのか。人によってはダイエット目的の人もいますし、体力向上などと高強度のトレーニングをエアロバイクに求める人もいるでしょう。このようにどのような理由や目的でエアロバイクを使用するのか一度考えみてください。目的がはっきりすれば、それに合う機能や形状のエアロバイクを探すことをオススメします。エアロバイク1つとっても形状が全く異なりますし、サイズや負荷の加え方も変わってきます。正直、脈拍などの機能は無くても問題が発生するわけではありません。なので、まずは目的を明確にそれから形状やサイズ、機能性の順番に選ぶことが必要です。

3つのタイプから選んでみよう

失敗しないエアロバイクの選び方は、トレーニング目的ではありますが、初心者向けから上級者向けまでがあるので、マシンを利用した経験から選ぶようにしましょう。大まかに、アップライト・リカンベント・スピンバイクの種類がありますが、特徴も異なりますし、乗り心地が異なりますから把握した上で選んだほうが失敗しませんし、試乗できるならば、乗り心地を確かめたり、機能性、使い勝手なども確認しましょう。自転車に乗る感覚のアップライトを個人的にも利用していますが、スポーツジムで導入されるポピュラーなタイプですから、万人向けとされていますし、初心者向けになります。負荷も無かったり、軽めですから、ハードトレーニングには適していません。ハードならば、先にあげたスピンバイクを選びましょう。また、リカンベントは安定感もあり、リハビリテーション科でも使われていて、膝や腰に負担をかけにくい特徴もあります。背もたれ付きで寄りかかれるので、ムリなく持久力・心肺機能向上が図れます。

エアロバイクは目的を考えて形状を選ぼう

エアロバイクを選ぶときは、どの形状(タイプ)にするかをまず考えましょう。運動の目的によって、最適なタイプが変わってきます。

ダイエットや運動不足解消を目的としているなら、もっとも一般的なアップライトタイプのものがおすすめです。
普通の自転車のように上体を起こした状態で乗るこのタイプは、運動不足解消からトレーニングまで幅広い用途で使えます。ただ、価格にもよりますが負荷はそれほど大きくなく、本格的なトレーニングをしたい方にはやや物足りないかもしれません。

本格的なトレーニング目的なら、負荷の強いスピンバイクタイプが適しています。
前傾姿勢で乗るように設計されており、前部か後部に大きな負荷を生み出すフライホイールが取り付けられているのが特徴です。自転車競技選手など高強度の運動をしたい人向けのエアロバイクと言えます。逆に、高齢者や運動慣れしていない方には不向きです。

主に使用する方が高齢者の場合は、リカンベントタイプがおすすめです。
「リカンベント=もたれかかる」という意味の通り、背もたれ付きのシートに腰かけて乗るようになっています。そのため、楽な姿勢で安全に運動ができるので、高齢者や腰痛持ちの方、リハビリを目的にしている方にも向いています。ただ、大型のため購入の前に設置スペースを考えておく必要があります。

エアロバイクは毎日使うという覚悟を持って購入しましょう

エアロバイクは健康によくて、とても人気があります。
エアロバイクを購入する時に気をつけた方がいいことをあげていきたいです。
まず、自分の部屋にエアロバイクを置くスペースが必要です。
必ず、エアロバイクの大きさ(寸法)を確認しておきましょう。
そして、いろいろなエアロバイクが売っている中、エアロバイクを置いた時に、部屋の景観を失わないかに気をつけたいです。
エアロバイクの機能も購入する重要な要素です。
様々な機能のついたエアロバイクは価格も高くなります。
しかし、その分、納得のいくエアロバイクが購入できるメリットもあります。
まず、予算を決めておくのは大切です。また、口コミなどを参照しておくのも非常に重要です。
個人的におすすめなのは、
予算内で選ぶことによって、選択肢がおのずと決まります。
エアロバイクのレビューも大事です。
レビューに自分が気にしていることが書いてあるかもしれません。
そして、エアロバイクを購入して、一番駄目なことは、使わないことです。
毎日、10分間でもいいから、必ずエアロバイクに乗るという覚悟を持って購入することをお勧めします。